やまと錦魚園の想い

金魚の一大生産地奈良県大和郡山市で金魚の養殖を始め100年近く―。
全国約800件の小売店(観賞魚店)やホームセンターとの取引があり、年間300万尾の金魚を全国に発送しています。
金魚をもっと日本全国、世界のお客様に直接届けたい!楽しんでもらいたい!そんな想いをのせて当サイトを運営しています。
珍しい金魚や金魚すくいでおなじみの和金など日本一の産地から、日本一元気な金魚をお届けします!

金魚文化を守り、広めたい

中国から金魚が渡来したのが文亀2年(1502年)。
江戸時代の延享5年(1748年)には日本で最初の金魚飼育書である安達喜之『金魚養玩草』が発刊されたり、浮世絵などに見られる様になり江戸時代から金魚を飼う文化が一般的に広まっていったのです。
金魚の養殖農家も昭和40年代には200件を超える農家がいました。
しかし高度成長の終焉、円高の影響、海外での養殖が盛んになり次第に衰退し無くなっていきました。

日本の文化である金魚を守り、広めたい。
そんな想いから当社では昭和30年頃より、中国金魚を輸入・繁殖に成功し、日本固有種であるらんちゅう・津軽錦(つがるにしき)・出雲ナンキン・土佐錦(とさきん)・玉サバ(たまさば)などの珍しい金魚の保存と普及に努めてまいりました。

最近では、日本産金魚の輸出や海外・国内の金魚品評会に審査員として参加するなど、海外へも日本の金魚を広める活動を行っています。

Webでも豊富で丈夫な品質の良い金魚を

運送業の発展に伴い、早くから注文を受け当日には発送するシステムを構築し当社は昭和53年頃より商工会・保育園・幼稚園など向けに「夏です、金魚の出番です。」をキャッチフレーズに金魚すくい・スーパーボールすくい・ヨーヨーつりなどの全国発送、通信販売をおこなってきました。
通信販売においては40年になる実績と経験がございます。そしてこの度、Webサイトからの販売も始めました!
Webサイトでは、金魚すくい用の金魚の他にも、近年注目されている高級金魚をはじめ、様々な種類の金魚を取り揃えています。
あなたの好みに合った金魚が見つけ、日本文化を愉しんでいただければ幸いです。